樹苑辞典

  • 希少部位▼

    • 肩甲骨の内側のお肉で、質の良い物で1頭から3kgしか取れない部位。さっぱりと食べられるのが魅力です!



    • 肩から前脚上部のお肉で、よく動かす筋肉の為、脂肪は少なくタンパク質が多めに含まれている部位。



    • 別名「とうがらし」とも呼ばれており、赤身でサシはほとんど入っておらず、キメが少々粗く、コクと旨味の強い部位。



    • 1棟から4~5kgしか取れない希少部位。バラの一部なのに脂っぽさもなく、柔らかい。当店のおすすめの上位にランクイン。



    • お尻の骨周辺のお肉で肉質がキメ細かく
      ももの部位なのでしつこくなくあっさりとしたお肉。



    • 腰からお尻にかけての部位で、脚の筋肉の部分なので脂肪は少なく、食べやすいと評判のお肉。


  • タン系▼

    • 厚切り特上塩タン
      タンの根元部分で、タンの中では1番良い部分を厚切りにしております。当店看板メニュー!

      塩タン
      タンの根元から真ん中にかけて薄切りにして提供させていただいております。 あっさりしていて食べやすい一品です。

      塩タン(ニンニク風味)
      特製のニンニクダレで味をつけており、ニンニク好きに大好評。





    • タンの先の部分で歯ごたえあり
      ご飯が進む一品。



    • タンの付け根部分で
      歯ごたえが魅力の希少部位。


  • ロース系▼

    • 首の近くから背中、腰の肉までの総称。
      当店では「クラシタ」という肩ロースの部位を使用しています


    • ロース20kgのブロックから上と並を分けているので、並ロースでも3種類サシがございますが、樹苑ではまんべんなくご提供させていただいております。




    • 上ロースは20kgのブロックから厳選してハネシタ・リブロースの2種類のサシをご提供させていただいております。
      ※サシ・・・牛肉の霜降りの入り方のこと。




    • 肩ロースの芯の部分にあたる「ハネシタ」という部位を使用しております。



    • リブロースの中心部分にかぶっているお肉。キメが細かく脂っこくない部位です。


  • バラ系▼

    • 並バラ・上バラ・特上バラ
      他店のバラ肉は体の内側に位置する「中バラ」と言う部位と、第1~第6肋骨周辺の三角バラを使用しております。樹苑では並バラは主に中バラを使用し、上バラ・特上バラは、三角バラを 使用しております。




    • あばら骨がついたバラ肉の事で、骨の際が美味しいと評判の肉。



    • あばらの骨と骨の間にあるバラ肉のことを「中落ちカルビ」といいます。


  • ハラミ系▼

    • 牛の横隔膜、うまみが強ヘルシー。
      大変希少な部位ですので、売り切れごめんな1品です。



    • 牛の横隔膜の肋骨側、味はハラミとよく似ておりかなりの希少部位です。


  • ホルモン系▼

    • 牛の心臓大変希少です。独特の歯ごたえと弾力で1度食べたらハマる方が多いです。



    • 牛の肝臓。今では生での提供が禁止になりましたが、当店では以前の生でも食べられた新鮮なレバーを使っております。



    • 牛の小腸。コラーゲンたっぷりで
      人気の1品。



    • 牛の大腸、別名「シマチョウ」。当店でも人気のホルモン。適度に脂も乗っておりコラーゲンたっぷり。



    • 牛の腎臓。香りにクセがありますが、脂肪が少なくビタミンが豊富なホルモンです。



    • 牛の大動脈、その名の通りコリコリしており味も触感も美味です。店主も大好物のホルモン!!



    • 牛の尾の部分、コラーゲンがたっぷり詰まっています。


  • ホルモン系▼

    • 牛のホホ肉で歯ごたえがあり旨味のある部位です。



    • 牛の喉の軟骨。食べやすく砕いて提供しております。



    • 牛の第1の胃、独特の風味と歯ごたえで人気NO1のホルモン。



    • 牛の第1の胃、上ミノの脂がサンドされた希少部位。



    • 牛の第2の胃、香りにクセがありますが歯ごたえがありお酒にもぴったりです。



    • 牛の第3の胃。低カロリーでお酒のあてにもピッタリです。当店ではピリ辛がオススメ。



    • 牛の第4の胃。
      ホルモン通には外せない1品。